1. キッズプログラミング教室の選び方【ひげおじさんが解説】
  2. レゴスクール
  3. レゴスクールの月謝は?レゴロボットキットの価格は?

レゴスクールの月謝は?レゴロボットキットの価格は?

 2018/06/05 レゴスクール   224 Views

ロボット教室やプログラミング教室の月謝やかかる費用は、他のおけいこごとに比較して少し高めと言われています。レゴスクールは、レゴのロボットを使用するので、費用が高くかかりそうですね。

あまりに高いと、継続して通うのは難しくなってしまいます。レゴスクールの月謝やその他の費用、またレゴロボットキットの価格はどれくらいなのか、調べてみました。

もちろん交通機関を利用して通うなら、交通費などもプラスしてかかりますので、それも加えて検討しましょう。

Sponsored Link

レゴスクールやロボットキットは価格が高い?

レゴスクールや、自宅での独習もできるロボット教材など、レゴを使った学習にも違いがありますね。月謝やロボットキット価格だけなら、確かにレゴスクールよりも低いところも見つかります。

しかし授業回数が毎週あること(隔週のロボット教室も多いため、1回当たりにすればレゴスクールのほうが低い価格になる場合もあり。)、プログラミングコースとロボットコースから選べることも、他のロボット教室との違いとなっています。

低学年時からプログラミング的思考を養いたいときには、適したスクールといえるでしょう。

レゴスクールの年齢に応じたコースの月謝

レゴスクールでは年齢に合わせたカリキュラムとなっています。それぞれ価格は税別です。

エクスプローラー

3歳時(年少)からのカリキュラムです。月謝は9,500円となっています。指定教材は、16,700円のものか、16,400円のどちらかを選べるようになっています。さらに、ワークブック4冊5,000円も必要です。

クリエイター

4歳(年中)から学べるカリキュラムとなっています。月謝は9,500円です。指定教材は2種類から選べます。26,700円で身の回りや想像した乗り物を専用ドライバーで組み立てるセットと、24,600円の動きのある遊園地を組み立てられるセットがあります。ワークブックは4冊で5,000円です。

インベンター

5歳(年長)からのカリキュラムです。月謝は12,500円となります。指定教材は、歯車や滑車、車輪などのパーツで機構を組み立て、物理・数学・テクノロジーの基本概念や表現力などを養います。ワークブックは3冊で5,000円です。

イノベイター

小学1年生(6歳)から学べるカリキュラムです。月謝は12,500円となっています。指定教材は、19,800円で歯車や滑車などを初めて学ぶ際に最適なセットと、8,400円で物理や機構の基礎を学習できるセットのいずれかから選べます。ワークブックは2冊で5,000円です。

コードクリエイター

デザインとプログラミングが学べるカリキュラムです。対象は7歳と8歳になっています。(小学校2・3年生)月謝は12,500円、指定教材は24,000円です。ワークブックは1冊で5,000円となります。

ワールドサイエンス

力学の基本原理を学ぶカリキュラムです。こちらもコードクリエイターと同様に、7歳と8歳が対象です。指定教材は22,900円となります。さらにモーターを組み合わせて動かすことができるセットも1,200円で販売されています。ワークブックは2冊で5,000円です。

ワールドロボティクスⅠ/Ⅱ

8・9・10歳(小学3・4・5年生)が対象となるロボットプログラミングコースです。2年のコースとなっており、1年目、2年目どちらも月謝は14,200円です。初年度の指定教材は53,040円の自立型ロボット教材となります。初年度のワークブックは2冊で5,000円です。2年目は任意教材となり、14,600円で拡張セットを購入することもできます。2年目のワークブックは2冊で5,000円です。

教育現場で導入が増えているマインドストームとは?

マインドストームは、レゴを使ったロボットプログラミングです。高校の授業やプログラミング教室で導入されています。マインドストームEV3は、組み立てたロボットをプログラムすることで、自由に制御できるようになる製品です。

マインドストームは、MITマサチューセッツ工科大学と共同開発されました。世界的にもプログラミング教材として人気が高いです。基本セットの標準価格は53,040円となっています。基本セットにDCアダプターとプログラミングガイドがついたセットは、標準価格57,840円です。

マインドストームを用いた国際ロボットコンテストもあり、プレゼンテーション力や表現力も養えます。トータルで21世紀スキルを育成するのにピッタリな教材として活用されているのです。

価格は高めでも世界共通の教材

レゴスクールで使用するマインドストームは、世界で使用されている教材です。約5万の教育機関で導入されているともいわれています。

価格だけ見ると高いと感じるかもしれませんが、自分でプログラミングし思ったようにロボットを動かせる魅力があります。

理科だけにとどまらず、情報、技術、数学など広範囲での学習内容に対応できる体験型教材となっています。

レゴの学校向けロボットキットWeDo2.0とは?

レゴの教育ツールはマインドストームでしたが、もっと対象年齢を下げた小学生向けのロボットキットがWeDo2.0です。科学やプログラミングの初歩を学べます。自分で組み立てし、組み立てたものをプログラミング用ソフトで動作させることもできます。

基本セットは、24,000円です。スタートセットは基本セットにプログラミングガイドとセットアップガイドがついて25,500円となります。自宅でプログラミング学習を始めたいときにも最適な教材です。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

キッズプログラミング教室の選び方【ひげおじさんが解説】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キッズプログラミング教室の選び方【ひげおじさんが解説】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • レゴスクールのプログラミング学習効果は?