キッズプログラミング教室の選び方【ひげおじさんが解説】

はじめまして!プログラマーのひげおじさんです。キッズプログラミングが小学校でも必修となると聞きました。現役プログラマーの僕としては「すぐうちの子にもやらせたい。」と思い、息子に自分で教え始めました。

しかし、さっそく妻に言われてしまったのですが「パパの教え方、難しすぎるって!」
かみ砕いて教えていたつもりが、ついつい専門用語の連発になったり、プログラマー育成の内容になってしまったり、確かに小学生の息子にはいきなり難易度が高すぎたかもしれません。

やっぱり、ビジュアル重視のプログラミング言語を使った、子ども向けの教室でスタートしたほうがいいのかもしれないと思い、どんなところがよいのか探しました。どうやってキッズプログラミング教室を選ぶとよいのか、プログラマーの目線でご紹介します。もちろん、「そもそもプログラミングがわからない。」「プログラミングを勉強するとどんなメリットがあるの?」という方にも、必修化する流れも含めてご紹介していきます。

小学校でもプログラミングが必修化

2020年度から、小学校でもプログラミングが必修化されることが決まりましたね。「プログラミングを子どもにどうやって習得させればいいの?」「そもそも親がプログラミング自体をわかっていないけれど。」と不安が大きくなっている方も多いのではないでしょうか。

そもそもプログラミングの意味とは?

プログラミングと聞くと、なんとなく「パソコン」「タブレット」「ゲームとかアプリを作る」と連想してしまいますね。そもそもプログラミングとはどんなことを意味するのでしょうか?

プログラミングという言葉だけの説明なら「コンピュータプログラムを作成することで、人間が意図する処理をコンピュータが行うように指示する行為。」となります。しかし、今回小学校で必修化するプログラミング教育は、コンピュータへ指示することだけを習得するのではありません。確かに、実際にはその指示についても学びます。

しかし、目的は技術やプログラミング言語などの方法を習得するのではなく「プログラミング的思考」を育成することにあります。

プログラミング的思考とは?

プログラミング自体は、物事を手順通りに進めることで解決し、結果を出せるものです。この解決できる能力を、プログラミング的思考と呼んでいます。物事には手順があることを理解する、その手順を踏むことで解決できる、という論理的な考え方を育成するのが本来の目的なのです。

コンピュータのおもしろさや便利さを実感し、それにまつわる興味や意欲をアップさせることも狙っていないわけではありません。しかし、必修化の最終目的はプログラマーを育成するわけではないということは明らかでしょう。

プログラミングはどう導入される?

プログラミングが必修化することで成績がつくなら、今から勉強しておこうと計画する方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にはプログラミングという教科ができるのではありません。総合的な学習の時間や、理科、算数などの教科に組み合わせて学んでいきます。

すでに導入している小学校では、国語、図工、音楽などでもプログラミング的思考を組み込んでいるケースがあります。一つの教科となるわけではないため、プログラミングとしての成績はつきません。また、学年、単元、時間数などはいずれも各学校の裁量に任されています。

とはいっても、プログラミングやプログラミング的思考を理解しておくことが、様々な教科の成績につながることが予測されます。必修化の前に自宅や教室で対策しておくのは、ある程度必要なことかもしれません。

必修=必ずパソコンやタブレット使用じゃない!

コンピュータプログラミングということを考えると、パソコンを使った学習と思われがちです。しかし、プログラミング教育では、パソコンやタブレット端末を使う方法と、使わない方法どちらも採用されます。

パソコンを使う方法なら、実際に操作して体験するというのは想像しやすいでしょう。では、パソコンやタブレット端末などを使わない方法とはどういうものがあるのでしょうか?

パソコンを使わないアンプラグドで学べること

パソコンを使わずにプログラミングを学ぶ方法を、アンプラグドと呼びます。アンプラグドは、低学年からスタートできます。紙や鉛筆を使う、絵本でプログラミングの考え方に触れる、ブロック(指示を組み合わせることで、ロボットを動かせるものなど)を使うといった様々な方法があります。

自己学習しておいたほうがよい?独学や本だけでは無理?

成績はつかないといっても、事前に準備をしておくことで、スムーズに習得させたいと考える親世代は当然多いでしょう。実際に授業に組み込まれる前に、自己学習をしておいたほうがよいのでしょうか。自己学習は必ず教室に通う必要があるのか、独学や本だけで学ぶことは難しいのかなど具体的な方法も気になりますね。

まず、子どものためのプログラミング言語を習得する方法は、ソフトを使えばある程度独学でも進めることができます。本で補強しながら、実際に触れてみることで、プログラミングに深い興味を持てるようになるでしょう。

さらにステップアップしていきたいときなどに、教室に通う方法を取るとよいですね。たとえば、ヒューマンアカデミー ロボット教室では体験授業が行われています。子どもが体験してもっと興味を持ったり、続けて通いたいと言ったりした場合に、教室へ行くという方法もありますね。

具体的にはどんなプログラムを教わるとよい?

コンピュータは人間と同じ言語を理解するのではありません。特殊なプログラミング言語を使用します。記号や文字の羅列がプログラミング言語です。これを打ち込んで、実際にプログラミングする作業をコーティングと呼びます。

一般的に、コーティングがプログラミングと認識されているわけです。しかし、コーティングだけを勉強するのが今回の小学校での必修化の目的ではありません。プログラミングに組み合わせて、理数系の力を養う、実践的なスキルを身につけるといった幅広い学習を行うこともポイントになっています。

学校側も必修化は規定路線であっても、どうやって指導していくのか、まだ具体的な案も定まっていないところも多いはずです。スムーズな導入ができ、学習として身につくのかは、まだ疑問点です。学校以外でのフォローが重要になるでしょう。

そうなると、やはりプログラミング教室に行くことが、最もスムーズに習得度の違いは埋められます。ただし、プログラミング教室によって、もちろんカリキュラムは異なります。単にソフトを使うだけで、自己学習と変わらないようなスクールもあります。ロボットを組み立て、それを動かすことでコンピュータとプログラミングの基礎を身につけるスクールや英語と組み合わせて学べるスクールもあります。要はスクール選びが、どれだけスキルを習得できるのかを左右するわけですね。

また、スクールの費用もおけいこごととして考えるなら、その金額も気になるところです。オンラインのみで完結するところなら、月々の金額も数千円程度で低めです。実際にロボットを作るスクールでは、ロボットキット代も必要になります。

とはいっても、お子さんそれぞれが得意、不得意もあるものです。高いレベルのスクールへ入ったから、プログラミング的思考や技術が簡単にアップするというわけでもありません。

現在あるプログラミング教育、教室の学習内容は?

1. Scratch(プログラミング学習用ソフト)で、簡単なプログラミングを学ぶ

小学生向けスクールでは、Scratchが大変よく使われています。Scratchは、複雑なソースコードを使うのではなく、ブロックを選んで組み合わせることで直感的にプログラミングしていきます。本格的なプログラミング学習の前の入門として、大変おすすめです。

2. ロボットプログラミングを学ぶ

ロボットを組み立て、それをプログラムで動かすのがロボットプログラミングです。一般的にプログラミングは、画面上で作成し、動かしていくと考えられていますね。しかしロボットプログラミングは、工作感覚もあり実体験として楽しむことができます。組み立てとプログラミングによって、さらに論理的思考が養われるでしょう。

3. スマホアプリの開発

アプリ開発と聞くと、親世代は難しくとらえてしまいますね。しかし、小さいころからある程度スマホに慣れ親しんでいる子たちは、自然とアプリ開発に取り組めるようです。アプリ開発では、プログラミングの基本から応用までを幅広く学習していくことができます。そのため、もっと上のレベルを目指したいと考えているお子さんには最適の学習方法です。

通わせたいスクールのチェックポイント!

授業内容

年齢や学年に応じた多彩な授業内容がある。継続して学べばレベルアップできるか。ただ、本当に子どもが楽しんで取り組めるかどうかも重要です。難易度が高い授業ならそれでよいというわけではありません。

子どもの適性

親としてはできるだけハイレベルの内容を身につけ、授業で活かしてほしいと思いますよね。しかし、プログラミングを学習するにあたって、様々な方法があります。手を動かす作業が好きな子に、ひたすらパソコンの前でプログラミング言語を学ぶような内容では苦痛でしかありません。ぜひ体験レッスンも活用して、子どもに合っているかを確かめましょう。

通いやすさ

実際に通って習う教室なら、無理なく通える場所や時間帯、回数か。他のおけいこごととの兼ね合いも考えたいところ。

誰が講師か?

有名プログラマーがサイトには掲載されていても、実際に指導するのは学生アルバイトというケースもあり得ます。学生アルバイトだからきちんと教えられないというわけではないですが、教室がどこまで真摯にキッズプログラミングに取り組んでいるかの目安となるでしょう。

料金

どんなによいカリキュラムでも続けられないほど高額なら難しいですね。授業料に加えてテキスト代や、ロボットなどを作成するならそのキット代なども確かめたいところです。

以上の点から大宮が選んだのは~

「ヒューマンアカデミー ロボット教室」です。
レベルアップしていくコースがあり、ロボット製作を基本として集中力や観察力をつけることができます。なによりうちの子は何かを作るのが大好きなので、本当に喜々として取り組んでいます。また授業は月に2回なので、通っているサッカースクールとも無理なく並行できます。

ロボット製作などはちょっと難しそうという場合や、パソコンに触れる基礎の基礎から始めさせたいという場合なら、おなじヒューマンアカデミーのこどもプログラミング教室がよいと思います。

プログラミングは将来的に就職に活かせる?

小学校では2020年に必修化となりますが、中学校では技術・家庭科の授業で学ぶプログラミングの内容が既に倍増しています。高校の指導要領でも、すべての生徒がプログラミングの基礎を学ぶことが決まっています。高校では、共通必修科目「情報Ⅰ」として新設されます。

大学でも、AO入試ではプログラミングの実績を重視するところが増加中です。慶應義塾大学などの一部の学部では、一般入試科目に「情報」が導入されています。今後同様に導入する大学は増えると予測されます。

プログラミングは、実際の技術よりも思考が重視されていることから、どの分野の職業であっても対応能力を高められるといえます。プログラミングができるから就職につながるというよりも、就職後にどんな仕事であってもプログラミング的思考は活用できるのではないでしょうか。

現時点で農業では仕分けにAIを活用、ドローンで農薬散布など、プログラミングが既に導入されています。生産管理システムや栽培管理なども含めて、すでにプログラミングと農業は切り離せない段階になっています。

他にも、飲食店(ビッグデータで客数などを予測)、自動車(自動運転の実用化が間近)、スポーツ(データ分析、選手の体調管理など)などすでにプログラミングがフル活用されている業界や職種も増えています。

プログラミングを学校で勉強した子はどう思っている?
Q.プログラミングでどんなことを勉強しましたか?
A.Scratchでゲームを作りました。

Q.やってみて、プログラミングについてどう思いました?
A.自分で何かをやると、こうなる、ここが変わるというのがすぐにわかるのが面白かったです。プログラミングをするときは、どんどん工夫したくなりました。

Q.プログラミングを他の教科に役立てられたと思う?
A.他の勉強でも、「○○をすれば△△になるかな。」ということを考えるようになりました。プログラミングをやったので、先に考えるクセがついたと思います。

Q.今後もプログラミングを勉強したい?
A.プログラマーになりたいとは今は思いませんが、プログラミングはもっと勉強したいです!

Q.プログラミングを専門に教える教室があったら行きますか?
A.絶対行きます!簡単なゲームをScratchで作っただけなので、もっと複雑なゲームやアプリなども挑戦したいです。

まとめ

「プログラミング教育」は、国語や算数のような教科とは違って、こうすれば成績に結びつくという勉強ではありません。その学習内容や方法は、パソコンを使うもの、使わないもの、ロボット製作などの手作業を伴うもの、理科や算数など別の教科の理解も深めるものなど、一つだけではないのです。

どの学習とも同じように、関心や興味を持って継続できる学習法を選ぶ必要があります。「学校で必修」となると、いかに習得して成績に反映させるかを第一と考えてしまいやすいですね。しかし、それでは本来のプログラミング導入の目的である、論理的思考の習得や言語能力の育成はできません。

独学、本を使う、プログラミング教室など、必修化の前にも勉強しておく方法が選べます。子どもが楽しいと感じ、自主的に取り組める方法を親はサポートしてあげるとよいですね。